ガン保険 > がんと闘うための準備・がん保険

がんと闘うための準備・がん保険について

医療の進歩により、がんは治る病気になりました。

がん治療の進歩は目覚ましく、がんによる生存率は大幅に増えています。

早期がんの三年生存率について調べてみました。

胃がんは86.7%、直腸がんは90.2%、結腸がんは85.7%、乳がんは97.4%、子宮がんは92.8%となっています。

どれもかなり高い確率で克服しているといえますよね。

がんは治らない病気ではなくなってきました。

ですから今がん治療に一番必要なのは、経済的な準備なのです。

がん治療のために必要な費用は、医療の進歩にともなってどんどん高額になってきています。

おもながんの入院治療の費用についても調べてみました。

胃がんだと、平均入院日数が約42日で入院一日当たりの診療行為費用が25,774円なので入院治療費の合計が約108万円。

気管、気管支、肺がんだと、平均入院日数が約45日で入院一日あたりの診療行為費用が24,172円なので入院治療費の合計が約109万円。

子宮がんだと、平均入院日数が約35日で入院一日あたりの診療行為費用が25,283円なので入院治療費の合計が約88万円。

白血病だと、平均入院日数が約65日で入院一日当たりの診療行為費用が46,549円なので入院治療費の合計が約303万円となります。

どれもとても高額でびっくりする金額ですよね。

経済的な不安があっては治るものも治りません。

がんとしっかり向き合って闘うためにも、がん保険について一度考えてみましょう。