ガン保険 > 女性がん保険

女性がん保険について

最近「女性がん保険」というものが人気だそうです。

「女性がん保険」とは、女性疾病に限るがん保険のことです。

普通のがん保険と一体なにが違うのでしょうか?

今回は女性がん保険について調べてみました。

普通のがん保険でも、女性疾病でしかも悪性の場合、もちろん保障を受けることができます。

しかし「女性がん保険」に加入すると、女性疾病に関しては普通のがん保険よりもさらに充実した保障が受けられるのです。

女性のがんというのは、近頃では若い女性にも増加の傾向にある乳がんや、子宮がんなどです。

子宮がんは女性特有のがんでは、乳がんの次に多いとされています。

そして女性がん保険の最大の特徴といえば、がんそのもの以外の保障を受けることができるというところです。

女性のがんというと、がんそのものの治療の費用だけでは済まないことが多いのです。

たとえば乳がんで乳房を切除する手術を受けた場合、乳房を作るなどの形成費用が必要になります。

その費用が保障されるということなのです。

他にも、抗がん剤の治療などで髪の毛が抜けてしまってかつらにする場合の費用や、子供がいる場合の託児所の費用、家事をお願いする場合のヘルパーさんの費用なども保障されます。

通常のがん保険よりも多くの負担が減らせるのです。

このように入院してから退院後までにかかる、保険の対象にならない費用は、ただ単にがん保険や医療保険に入っていただけではまかなえないですよね。

女性ががん保険に入る場合には、このような保険があるということも知って、検討する必要があると思います。

男性と女性では気に掛けるところが違ってきますので、女性にうれしい保障がたっぷりなこの保険は私もオススメです。